積極的に働き方改革

介護業界における働き方改革の必要性については、多くの介護施設の経営者や介護職員にとって興味深いテーマとして扱われることがある。特に、夜勤や宿直、早番などの不規則な時間の勤務が多い介護施設では、職員が短期間で離職をしてしまうことや、思うようにキャリアアップができないといった問題が発生しているからだ。そうした中、経営状態の良い社会福祉法人や株式会社などが運営する施設を中心に、夜勤専従のパートのスタッフを採用したり、職場内での研修制度を強化したりする動きも見られる。そこで、介護業界で安定した待遇で働くにあたり、身近なと地域にある施設の経営方針や業務内容、勤務時間、スタッフの人数などに注目をしながら、じっくりと職場選びをすることが重要となるのだ。

たとえば、出産前や育児中のスタッフのサポートが充実している介護施設は、若い女性の間でも働きがいのある職場として捉えられることがあり、介護職員として必要な知識や技術を継続的に身に着けられるという魅力がある。また、月々の賃金に加えボーナスや特別手当があるところや、一年間に数回のリフレッシュ休暇を取得できるところは、同じ職場で経験を積みたい人に最適だ。その他、職場によっては業務未経験のパートや非常勤職員から常勤職員への登用制度を設けたり、介護福祉士やケアマネジャーなどの有資格者を好待遇で採用したりするところもあり、キャリアに合った働き方を選ぶことが重要だ。
お勧めサイト・・・介護の働き方改革・・・